そろそろ例のメルブのパレットの期限が切れてしまうので、切れた後にうちのウィッチの持っているアバターをどのように着用してゆくかを考えてみました。

 ※1 セレンディア鉄匠服 (2018/4/9)【黒い砂漠】セレンディア鉄匠服を作ってアバター化してみた!
 ※2 アーホン・キルス衣装 (2018/5/14)【黒い砂漠】アーホン・キルスアーマーの製作とアバター化に挑戦!
 ※3 ラル・アシヘンローブR/ラブリフスーツ (2018/5/18)【黒い砂漠】取引所でアバターを購入!




まずセレンディア鉄匠服以外のアバター(体アバター)は染色可能箇所が細かく分かれているので、色を変えるのは先日このブログに書いたような理由で断念。

 ※4 (2018/5/16)【黒い砂漠】メルブのパレットを使ってみて

そして頭アバターは桜の花冠しか持っていないので、頭の外見は桜の花冠か、もしくは頭アバターを付けないでグルニルヘルム(現在使っている性能装備)かの二択で、体アバターにそれらの色を合わせられるかが主なポイントです。


(1) セレンディア鉄匠服(体・腕・足アバター)

セレンディア鉄匠服は桜の花冠とは合わないので(作業服のようなものなので鉢巻に見えてしまう)、これまでどおり頭アバターを付けずにグルニルヘルムとの組み合わせで!
できれば色も合わせたいのですが、合う染色剤が手持ちにない&入手もできそうにないので断念。
ただセレンディア鉄匠服自体がかなりラフな格好で、それほど色が合ってなくても許されそうな雰囲気の服なので、まぁいいかなぁと。
180519g


(2) アーホン・キルス衣装(体・腕・足アバター)

アーホン・キルス衣装はできればウィッチ帽(グルニルヘルム)と組み合わせたかったのですが、やはり合う染色剤が手持ちにない&入手もできそうにないので断念。それっぽい色はあったのですが、質感があまりに違いすぎるので結局断念しました・・・。
なので桜の花冠との組み合わせで使います。
桜の花冠は比較的どのような色でも合いそうだったので、今回ははじめて課金して「紫色染色剤Boxパック」を2個購入しました!
180509a

ついに課金をしてしまった・・・。

そして染色して完成!
180519e180519f


(3) ラル・アシヘンローブR
(体・腕アバター)

こちらは、足アバターがないとどうしようもなさそうなので、ラル・アシヘンシューズRをパールで購入しました。
180519d

頭はこちらもできればウィッチ帽(グルニルヘルム)と組み合わせたかったのですが、やはり合う染色剤が手持ちにない&入手もできそうにないので断念。
ということで上と同じく桜の花冠と組み合わせて使うことになります。
180519h


(4) ラブリフスーツ(体・足アバター)

ラブリフスーツは上三つと違ってグルニルヘルムが合わないという理由で、組み合わせるとしたら桜の花冠ということに。
ラブリフスーツにはラブリフハットがやはりとても似合うのですが、専用の髪型になってしまうんですよね・・・。髪型が変わらないのであればハットを単品で購入していたかもしれませんが・・・。

ただ頭装備はともかく、ラブリフスーツはそれ自身の色(金色)がなかなかキビしい・・・。
このアバターだけは本体の色に手を加えないと着るのはむずかしそう。でもアバターの色をガラッと変えるだけの染色剤はない&入手もできそうにない・・・ということで、妙案が浮かばないのでラブリフスーツはもうしばらく使うのはお預けかなー。





今の自分の手持ちの駒(+多少の課金)ではこれがせいいっぱいで、いろいろ妥協した部分もありますがともかくこれで3つのアバターがメルブのパレットなしでも使えるようになり、今後は気分とか状況に応じて外見を変えられるようになりました!

それにしても染色の制限(目当ての染色剤が入手できないので染色が思いどおりにできない)がネックですねぇ。
たとえ課金したとしても目当ての色が入手できるとは限らないですからね。

とはいえ黒い砂漠でおしゃれをする以上はこの染色システムと付き合ってゆかなければならないので、手持ちの染色剤をとにかく増やすとか、今後も何か対策を考えてゆかねば・・・!


染色剤、いっぱいほしいなぁ。
闇の精霊すごろくが最近はじまりましたが、1,2周目とも「未知の染色剤」のところに止まって染色剤をgetできたのがとてもうれしいw